A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

千葉で大規模な葬儀場はありますか?

地域との交流が多かったり、会社役員の方の葬儀だったりすると、スケールとしては大規模になります。

私が数年前に行なった千葉県市川市の「市川市斎場」は、最大200席まで行なえて、火葬場も敷地内にありとても便利でした。

■市川市斎場なら最大200席。

駐車場は134台分。

千葉県市川市にある市川市斎場は、私の父の葬儀でお世話になりました。

父は会社の役員をしていて60代での他界、現役でこの世を去りました。

ほんとうは300席程度を予定していましたが、スケジュールの都合で同葬儀場に決めました。

50席、100席、200席の式場が3室用意された斎場で、家族葬にも対応してくれます。

駐車場スペースが134台分あり、それが決め手となりました。

JR武蔵野線の「市川大野駅」からタクシーを使っても5分程度で着きます。

広大な敷地でとても綺麗な葬儀場です。

■火葬施設と葬儀式場が同じ敷地内にありとても便利。

市川市斎場のもう1つのメリットは火葬場と葬儀施設が同じ敷地内にあることです。

しかも火葬炉が10基もあるので、よほど葬儀が込み合っていなければ、火葬までの時間を待たされることはありません。

待ち時間が少なく、同じ敷地内ですべてを終えられるので会葬者に負担を強いることがありません。

■おすすめの市川市斎場周辺は緑があってとても長閑。

休憩室や控室なども充実しています。

市川市民であれば、割引価格で利用できます。

市川市斎場の住所は、千葉県市川市大野町4丁目。

会館の休憩室は3室あり、控室も5室。

式場ごとに使用料が決められていますので、よく問題視される不明瞭な葬儀費用のトラブルや不安はありません。

またこの葬儀場は公営ですから市川市民であれば、その特典から割引価格で利用できます。

ただし遺体の安置はできません。

休館日もありますので事前にお問い合わせください。

千葉にある葬儀場「ウィズモア佐倉」はおすすめ?

千葉県佐倉市にある葬儀場の「ウィズモア佐倉」は平成25年にオープンしたばかりのホールで、邸宅型のセレモニーホールというのが売り。

1日1組に限定したおもてなし感覚いっぱいの葬儀場です。

評判などこのホールの概要をお話しします。

■ウィズモア佐倉は最寄駅から徒歩5分と立地条件抜群。

都心ではなく千葉県佐倉市とはいえ、駅から徒歩5分という近場にこのような葬儀場を建設するのはたいへんな初期投資が必要と思いますが、ウィズモア佐倉は、1日1組限定というこれまでの葬儀場の常識を覆したホールです。

平成25年12月にオープンしたばかりの邸宅型セレモニーホールで、“他のご家族の弔問や葬儀がない、1日1組の貸し切り”が最大の売りです。

■メゾネット、ジェットバスなどリゾート級の設計・仕様が魅力。

親族控室は、これまでの葬儀場にはない広々としたメゾネットタイプなので、ちょっとしたリゾート地のコンドミニアムにいるような、ゆったりとした時間を過ごせます。

リビング、和室、ベッドルームなどがありますから、ご家族はもちろん、遠方からお越しいただいた方々にもゆっくり体を休めてもらえます。

極めつけは、ジェットバス付バスルーム。

自然豊かな外の景色を眺めながら疲れた体を癒せます。

■型通りの葬儀からの脱却を、設計・仕様、設備の面から徹底的にアプローチしています。

この葬儀場はリゾートのようでもあり、わが家の一室のようでもあり、型通りの葬儀から脱却しているところに、割り切り・絞り込みのスゴさがあります。

1階は式場とつながった造り、2階はガラスの開口部から葬儀場の故人を見守れる設計です。

バリアフリー、車椅子対応の室内で、ゆったり感はひときわ。

評判はもちろん5つ星クラスです。

千葉市花見川区にある花見川儀式殿はどんな葬儀場?

長い闘病生活を送っている方は、ご家族に医師から余命を告げられることがあります。

辛いことですが、ある意味では心の準備ができ、葬儀場選びも落ち着いてできます。

●しかしやはり大事な人の死は辛いものです⇒(URL:http://news.kaigonohonne.com/article/388)

私の場合もそうでした。

母の葬儀から、千葉市花見川区にある花見川儀式殿の概要や利用した際の実感をお話しします。

■京成バス「畑町西」というバス停で下車して徒歩1分。

私や私の家族は千葉県千葉市花見川区というところに在住しています。

そんなことですぐ近くにある花見川儀式殿は、昔から良く知っていました。

葬儀場の規模は80~110席で駐車場スペースも台数にして88台分がありましたので、会葬者の多い母の葬儀としてはまずまずでした。

難点は、最寄り駅のJR新検見川駅北口からバス利用で葬儀場へという不便さでした。

地元の人ならいいですが、母の場合は東京・神奈川で事業を行なっていましたので、心配もしておりました。

しかし京成バス「畑町西」というバス停で下車すれば、葬儀場は目の前なので、会葬してくださる方を歩かせることはなく、道に迷うこともなかったのでかえって安心できました。

■料理・返礼品を省いた40万円のものからプランは多彩。

お恥ずかしい話ですが、母は負債を抱えたまま他界しましたので、葬儀代にも苦慮しておりました。

花見川儀式殿はファミーユというシリーズの葬儀プランを出しており、いちばん安いプランでは、料理・返礼品を省いた40万円のものから、故人の思い出や個性を葬儀に反映できる総額150万円のプランまで、セットでいろいろ揃っていました。

個々に内容が明記されているので、このようなカタチは非常に選びやすいと思います。

母の場合は祭壇を選べる「ファミーユ80」というプランにしました。

華やかな感じで、みなさんにも好評をいただいたようで、葬儀の満足感はかなり高いものでした。

■葬儀は内容が不明瞭で、追加費用で膨れ上がってしまう場合が良くあります。

花見川儀式殿のように幅のあるプランが用意されていれば安心です。

千葉の花見川儀式殿には、葬儀費用ごとにプランがパックになっています。

事前に用意されていれば、トラブルもなく安心。

式場もキレイで係員の方々の作法・教育もよく行き届いていました。

私の個人的な意見としてはおすすめです。